ポンプから医療機器まで幅広い商材を取り扱う機械専門商社 ジャパンマシナリー株式会社

LANGUAGE:
日本語
English
お問い合わせ・資料請求
ホーム > 製品情報 > USP3&7準拠 RRT10オートサンプリングモデル

USP3&7準拠 RRT10オートサンプリングモデル Erweka GmbH

特徴

USP Apparatus 3&7 準拠 RRT10 オートサンプリングモデル

USP Apparatus 3&7 に準拠した、溶出試験器です。
本モデルよりサンプリング機構との連動が可能となりました。

お問合せ

仕様

RRT10はUSP Apparatus 3&7に記載された往復シリンダー&ホルダー法に準拠した溶出試験器です。

試験液のpH変更を6種類(最大8種類)まで任意設定が可能なため、パドル法やバスケット法に対して高いIV/IVCが期待できます。

特にpHの複数回変更を伴う徐放製剤や腸溶性製剤、ビーズ等の製剤の検討に最適です。 

また、パドル法では充分にかけることができないストレス(5dpm=50rpm)を製剤へかけられる為、難溶性製剤への検討も可能です。

本モデルよりオートサンプリングシステムが実装され、サンプリングの手間を削減することに成功しました。

サンプリングは、コンタミの無いベッセル上部からのサンプリング方式を採用しています。


【システム構成】

  • 溶出試験器 RRT10
  • 溶出試験器恒温槽用ヒーター
  • サンプリング液送液用シリンジポンプ
  • フィルターチェンジャー
  • デスクトップPC
  • ジャパンマシナリー社製 RRT10専用ソフトウェア

*詳しい仕様はお近くの担当者までおたずねください。



FOCUS



アクセサリ品を豊富に取り揃えております



その他の取り扱い製品

ERWEKA社
フロースルーセル法溶出試験
Physiolution社
ストレス溶出試験器
ERWEKA社
溶出試験器オフラインシステム
ERWEKA社
溶出試験器オンラインシステム

03-3730-4891 お問合せ

 カタログのダウンロードを希望される方はこちらをご入力ください。
 [必須]  (例)日本
 [必須]  (例)太郎
 メールアドレス[必須]   (例)[email protected]
 会社名[必須]
 郵便番号[必須]  (例)123-0001
 都道府県[必須]
 住所[必須]
 電話番号[必須]  (例)03-123-0000
 コメント

購入ご検討段階から納入後のトラブル対応まで、経験豊富なスタッフが確かな技術力でお客様のご要望にお答え致します。まずは是非一度お気軽にご相談ください。

サポート

製品ピックアップ

すべて

prev next

展示会・イベント

詳細へ

国内で開催される様々な展示会・イベントで製品をご覧頂けます。


JFES

  • 製品カタログ ダウンロード
  • 製品カタログ ダウンロード
  • 製品カタログ ダウンロード
お問い合わせ・資料請求

Copyright© JAPAN MACHINERY Co., Ltd. All rights reserved.