ポンプから医療機器まで幅広い商材を取り扱う機械専門商社 ジャパンマシナリー株式会社

LANGUAGE:
日本語
English
お問い合わせ・資料請求
ホーム > 製品情報 > フロースルーセル法溶出試験器 DFZⅡ

フロースルーセル法溶出試験器 DFZⅡ Erweka GmbH

特徴

ERWEKA社 フロースルーセル法溶出試験器は,JP第3法・USP第4法に完全対応した溶出試験器です。
パドル法やバスケット法と異なり最適なシンク条件で試験が行われることと,試験液のpH変更が容易である点が特徴です。
そのため難溶性製剤の溶出試験に特に力を発揮いたします。フロースルーセル用に開発された送液用ピストンポンプ使用によりデータの安全性が保証されます。


DFZⅡではセルの設計を改良し、チュービング取り外しの簡易さと気密性とを兼ね備えることを実現しました。
以前のモデルよりもセルの厚みを薄くしたことにより、熱伝導性も向上しています。
すべてのUSP 4 DFZ Ⅱシステムは、コントローラを介してERWEKA社製USP4用ソフトウエア Disso.NETで簡単に制御できます。
     
  • 従来よりもIVIVCの高い溶出試験が可能に
  •  
  • 試験液流量調整機能のバルブレス送液ポンプを採用
  •  
  • 坐剤や軟膏など様々な製剤に対応したセルのラインアップ
  •  
  • 自動化にも対応

お問合せ

仕様

  • テストステーション:7
  • 電圧:115V
  • 消費電力:1500W
  • 温度:20~50℃
*詳しい仕様はお近くの担当者までおたずねください。



FOCUS

ERWEKA社製USP4用ソフトウエア Disso.NET

    Disso.NET USP 4は、21CFR Part11に完全準拠しています。
    フロースルーセルシステムで使用されているすべての装置を
    サポートしています。
    特殊セルについてもサポートしており、それぞれのセル内に
    おける製剤の配置を図示するビジュアルガイドもあります。
    フロースルーセル法溶出試験システムにおいて、それぞれ
    接続されている装置(ポンプ、フロースルーセル法溶出試験器、
    フラクションコレクター、UV/Vis分光光度計等)の制御も
    可能です。



ERWEKA社フロースルーセル法溶出試験器 DFZ720Ⅱの関連製品


ERWEKA社
溶出試験器RRT10
ERWEKA社
溶出試験器オンラインシステム
Physiolution社
ストレス溶出試験器
Physiolution社
Physio-grad


03-3730-4891 お問合せ

購入ご検討段階から納入後のトラブル対応まで、経験豊富なスタッフが確かな技術力でお客様のご要望にお答え致します。まずは是非一度お気軽にご相談ください。

サポート

製品ピックアップ

すべて

prev next

展示会・イベント

詳細へ

国内で開催される様々な展示会・イベントで製品をご覧頂けます。


JFES

  • 製品カタログ ダウンロード
  • 製品カタログ ダウンロード
  • 製品カタログ ダウンロード
お問い合わせ・資料請求

Copyright© JAPAN MACHINERY Co., Ltd. All rights reserved.