蛍光X線式ハンドヘルド金属分析装置 BRUKER社製 S1 Titan

ポンプから医療機器まで幅広い商材を取り扱う機械専門商社 ジャパンマシナリー株式会社

LANGUAGE:
日本語
English
お問い合わせ・資料請求
ホーム > 製品情報 > 蛍光X線式ハンドヘルド金属分析装置 BRUKER社製 S1 Titan

蛍光X線式ハンドヘルド金属分析装置 BRUKER社製 S1 Titan Bruker Elemental

特徴

携帯型蛍光 X 線分析装置 S1 TITAN は、スクラップヤードでの受け入れ検 査や PMI 試験、現場での金属分析ができます。

鉄、ステンレス、アルミ、銅、ニッケル、クロムなどの金属スクラップを 非破壊の蛍光 X 線分析で判別・仕分けをすることが可能です。

Mg(マグネシウム)から U(ウラン)までの元素を、短時間で簡単に成分 分析することができます。

ハンドヘルドモデルであり、測定対象が巨大である、非常に重い、数量が 多いなどの理由で持ち運びが困難な場合に有用です。

トリガーを一度引くだけで分析が開始され、分析時間中トリガーを押し続

お問合せ

仕様

アプリケーション

〇金属スクラップの判別(受け入れ検査など)

〇PMI 試験

〇鉛フリー製品の品質保証

〇RoHS 規制適合

〇鉱業および鉱床探査

〇環境および土壌スクリーニング

〇美術品および考古学


仕様

〇分析原理:XRF 蛍光 X 線

〇測定時間:約 3 秒(ステンレス SUS304 と SUS316 の判別など)

〇安全装置:二重安全装置(1対物近接センサー/2商社停止機能)


合金種ライブラリー

〇低合金鋼

〇Cr-Mo 鋼

〇工具鋼

〇ステンレススチール

〇ニッケル合金

〇ジルコニウム合金

〇黄銅

〇亜鉛合金

〇アルミニウム合金

〇チタン合金

〇新種合金


操作性

〇軽量ボディ
  X 線管球を使用した蛍光 X 線分析装置の中でも、S1 TAITAN はトップクラスの軽量ボディ(本体重量 1.5kg)を誇ります。

〇結果データ
  測定結果はユーザーインターフェースにより容易に行うことができます。
  測定データの管理やパソコンへの転送にも複雑な作業は必要ありません。

〇トリガー
  測定時に一度引くだけ(測定中にトリガーを引き続ける必要があせません)

〇複数の試料 ID フィールドあり


分析ソフトウェア

〇金属試料の正確な分析

〇測定元素:37(Mg および Al を含む

〇測定モード:通常分析、合金種判定、合格/不合格判定(ID 試験)

〇FP(Fundamental Parameter)法ベースの汎用マルチマトリックスキャリブレーション

03-3730-5991 お問合せ

購入ご検討段階から納入後のトラブル対応まで、経験豊富なスタッフが確かな技術力でお客様のご要望にお答え致します。まずは是非一度お気軽にご相談ください。

サポート

製品ピックアップ

すべて

prev next

展示会・イベント

詳細へ

国内で開催される様々な展示会・イベントで製品をご覧頂けます。


JFES

  • 製品カタログ ダウンロード
  • 製品カタログ ダウンロード
  • 製品カタログ ダウンロード
お問い合わせ・資料請求

Copyright© JAPAN MACHINERY Co., Ltd. All rights reserved.