ポンプから医療機器まで幅広い商材を取り扱う機械専門商社 ジャパンマシナリー株式会社

LANGUAGE:
日本語
English
お問い合わせ・資料請求
ホーム > 製品情報 > AURORA レベルトランスミッター付マグネット式レベルインジケーター

AURORA レベルトランスミッター付マグネット式レベルインジケーター Orion Instruments

特徴

AURORAシリーズは、レベルインジケーターに付加価値を付けた製品です。ATLASシリーズのレベルインジケーターにガイドウェーブ・レーダー式(GWR) レベルトランスミッターが付属され、目視での液面監視/管理に加え、連続的に液面の変位を信号出力する機能が備わっております。この製品もATLASシリーズ同様、液体の表面と境界面を検知でき現場と制御室の双方で液面管理が行えます。
インジケーター部分は、ATLASシリーズと同仕様です。トランスミッターは、ガイドウェーブ・レーダー式(GWR)の採用により低誘電率液体の測定可能、蒸気や泡の影響なし、沸騰状態の液面の測定も行えるなど、従来のレベルトランスミッターとは大きく違います。また、トランスミッター部分は、現場での表示機能、設定も可能であり、 コミュニケーター(HART)を使用すれば遠隔での設定も行え、SIL-2、フィールドバス、プロフィバスにも対応しております。

お問合せ

仕様



AURORAシリーズ、マグネット式レベルインジケーター&トランスミッターの仕様 *レベルインジケーター部分の仕様は、ATLASシリーズ製品と同じ。

レベル トランスミッター仕様
変換機部:2線式ループ、11-36VC(但し、仕様条件で異なる)
測定対象:レベル、境界面(インターフェース)、体積測定管理が可能
使用圧力:43MPaG MAX
使用温度:430℃MAX
プローブ部:コキシャル、シングルロッド、フレキブルタイプより選定可能
レベルトランスミッターの特徴
真の液面の測定。例えば、誘電率、圧力、温度、密度、pH、粘度変化の
影響を受けません。
オプション
各種レベルスイッチ取付け可能
各種ジャケット及び保護カバー
ベント&ドレンバルブ取付け
その他、客先特別仕様に対応可能。



従来からあるガラス管式レベルインジケーターとの大きな違いは
表示部を中心に140°の幅広い視野から液面の状態を目視することが可能で
経年による表示部の汚れも無く、そして表示部が仮に破損したとしても
内部のプロセス液が、外部に飛散、漏れがないことが 今 多くのユーザーで
使用されている一番の理由です。
マグネット式レベルインジケーター(MLI)は、液面の変位に伴ない追従し表示する 
フラッグ式 と フロートシャトル式、を用途に応じ選択できます。
チャンバー部分も用途に応じてサイズなど色々選択出来るほか、液面上部変位と
油水等の境界面変位をも、表示させる事が可能です。
プロセスに接する材質も多種多様の材料から選択でき、ASTMや
ASME(U-スタンプ)の取得、ASME B31.1、ASME B31.3 
NACE、PED,CRN などの工業系規格にも対応可能です。

概略仕様

03-3730-5991 お問合せ

 カタログのダウンロードを希望される方はこちらをご入力ください。
 [必須]  (例)日本
 [必須]  (例)太郎
 メールアドレス[必須]   (例)[email protected]
 会社名[必須]
 郵便番号[必須]  (例)123-0001
 都道府県[必須]
 住所[必須]
 電話番号[必須]  (例)03-123-0000
 コメント

購入ご検討段階から納入後のトラブル対応まで、経験豊富なスタッフが確かな技術力でお客様のご要望にお答え致します。まずは是非一度お気軽にご相談ください。

サポート

製品ピックアップ

すべて

prev next

展示会・イベント

詳細へ

国内で開催される様々な展示会・イベントで製品をご覧頂けます。


JFES

  • 製品カタログ ダウンロード
  • 製品カタログ ダウンロード
  • 製品カタログ ダウンロード
お問い合わせ・資料請求

Copyright© JAPAN MACHINERY Co., Ltd. All rights reserved.