ポンプから医療機器まで幅広い商材を取り扱う機械専門商社 ジャパンマシナリー株式会社

LANGUAGE:
日本語
English
お問い合わせ・資料請求
ホーム > 製品情報 > スクラップ判別向けLIBS装置 レーザー金属材料 EOS

スクラップ判別向けLIBS装置 レーザー金属材料 EOS Bruker Elemental

特徴

アルミスクラップの受入れ検査に有用なハンドヘルドタイプのレーザー金属材料分析(LIBS)装置です。 LIBS(リブズ)とは、Laser Induced Breakdown Spectroscopy(レーザー誘起ブレイクダウン分光法)の略名で、非鉄金属(Al/Mg/Ti)の高速測定に優れ、X線とは異なりレーザー発光による分析なので、放射線による人体への悪影響もありません。BRUKER社製LIBS装置EOSでは、アルミスクラップ(1000系~7000系)の測定時間は通常約2秒であり、アルミスクラップ中のリチウム(Li)成分も測定できるので大量のアルミスクラップの受け入れに適しています。 スクラップヤードなどの現場で運用し易い携帯向けのハンドヘルドタイプなので、大量のアルミスクラップの仕分け作業も移動しながら短時間で測定できます。

お問合せ

仕様

分析原理 :LIBS-リブズ(Laser Induced Breakdown Spectroscopy)
測定時間 :通常約2秒(アルミスクラップ、非鉄金属測定時)
アプリケーション :アルミ(Al)スクラップの仕分、アルミスクラップの受入れ、
チタン(Ti)スクラップ、マグネシウム(Mg)スクラップ

03-3730-5991 お問合せ

購入ご検討段階から納入後のトラブル対応まで、経験豊富なスタッフが確かな技術力でお客様のご要望にお答え致します。まずは是非一度お気軽にご相談ください。

サポート

製品ピックアップ

すべて

prev next

展示会・イベント

詳細へ

国内で開催される様々な展示会・イベントで製品をご覧頂けます。


JFES

  • 製品カタログ ダウンロード
  • 製品カタログ ダウンロード
  • 製品カタログ ダウンロード
お問い合わせ・資料請求

Copyright© JAPAN MACHINERY Co., Ltd. All rights reserved.